宮城県仙台市の循環器科、心臓血管内科、糖尿病、動脈硬化退縮外来、家族性高コレステロール血症(FH)外来、メタボリックシンドローム、高血圧、不整脈、ペースメーカ、呼吸器科、睡眠時無呼吸 のことは仙台駅東クリニックへ

仙台駅東クリニック (財)星陵心臓友の会支援診療所

    えきひがし

仙台駅東クリニック (財)心臓友の会支援診療所・労災保険指定(1次・2次検診)

仙台駅東クリニック (財)星陵心臓友の会支援診療所:院長のご挨拶

TOP

 当クリニックのホームページにアクセスいただきありがとうございます。

当院は昭和46年東北大学心臓血管外科及びその関連病院の心臓血管外科で手術を受けられた方と、その家族が設立した財団法人星陵心臓友の会(会長 渡部 格)が母体となり、初代院長香川譲先生が当院の基礎をつくられました。平成20年4月から小生が院長を担当させていただき、順調に経過しております。これもひとえに皆様方のご支援のたまものです。
 
 心臓血管病、糖尿病、呼吸器病の診断と治療はこの数年間だけでも、目覚しい進歩があります。当院でも基幹病院との連携と分担、院内での業務内容の選択と集中により、より正確な診断と適切な治療に努力しています。
 最近の死亡原因の第一位「ガン」(日本人男性の2人にひとり、女性は3人にひとりがガンになっています)に対しては、近医と連携し、胃カメラ、大腸カメラ、CT、PET-CTなどを迅速に行い、早期発見に務めています。又当院でもエコー検査を専門技師により行っています。
 死亡原因の第二、三位は「脳卒中と心臓病」です。これらは血管内の動脈硬化が主因です。動脈硬化は長年の高血圧、タバコ、糖尿病、脂質異常、運動不足が誘因となっていますので、生活習慣の改善と薬物治療により、動脈硬化の自然退縮を計っています。
 第四位の「肺炎」に対しては、禁煙の指導、肺炎球菌ワクチンとインフルエンザワクチンの接種促進を行い、後期高齢者の肺炎には特に注意しております。

当院では、冠動脈ステント術後、心臓人工弁術後、心臓弁形成術後、冠動脈バイパス術後、不整脈、ペースメーカ術後の方も多く、週3回の心臓エコー検査を二宮本報先生と専門技師により行っています。不整脈や動悸にはホルター24時間心電図検査を4台の端末により、迅速に行っております。冠動脈CT、心臓カテーテル検査、心内電気生理学的検査などは基幹病院にお願いしています。
 最近、いびき、睡眠時無呼吸、日中の眠気、労作時の息切れを訴える方も多く、検査により治療法を選択しております。
 又、家族性高コレステロール血症(FH)の治療方法も進歩しており、内服薬や注射剤も含め、積極的な治療により、動脈硬化の予防や動脈硬化の退縮効果も期待できます。

これらの診療内容により、皆様方の健康増進、疾病の早期発見と治療に務めてまいります。

 仙台駅東口から徒歩1分の利便性を最大限に生かし、平日は夜6時30分まで、土曜日は午後1時まで診療いたします。

院長 佐藤清春

院長の経歴

昭和39年 3月 福島県立会津高校卒
昭和45年  4月 福島県立医科大学卒 2年間研修
昭和47年  4月 東北大学 心臓血管外科入局
昭和61年  1月 仙台徳洲会病院 心臓血管外科部長
副院長、院長、名誉院長を歴任
平成 8年  4月 東北大学医学部講師兼任
平成20年  4月 仙台駅東クリニック院長
平成22年  1月 医療法人社団仙台駅東クリニック理事長

昭和45年   医師免許登録

医学博士
日本医師会認定産業医

日本糖尿病学会
日本未病システム学会
日本胸部外科学会